マナー 【のし・水引き】

内祝いには、のしをつけます。
のし紙の中央にかけられる「水引き」は、紅白の蝶結びのものを使いましょう。同じ紅白でも、ほどけない固結びの「結び切り」は、婚礼や快気祝いのように一度きりのものに使うものですから、内祝いには不向きです。
水引きの上に「内祝」と書き、下に赤ちゃんの名前を書きます。読みにくければふりがなをふりましょう。

内のし・外のしについて

直接手渡しする場合は一目で贈った目的が分かる「外のし」、 宅配で送る場合はのしが汚損や破損する恐れがあるため、「内のし」にすることをお奨めしております。(これについては地域性もあるため、一度調べておくと安心です。)